聴覚障害の種類はどれくらいあるの?

聴覚障害ってそもそも何?

聴覚になんらかの問題があり、聴こえに不自由を抱えている状態のことをさします。

聴覚障害にはさまざまな原因があります。
先天性(生まれつき)のものや後天性(中途失聴)のものがあります。

お母さんのおなかの中にいるときに、
お母さんが病気にかかり子供が生まれつき聴覚障害であったりするものなどが先天性。
後天性のものだと、音楽をいつも大音量で聴いていることが原因で聞こえにくくなる症状も該当します。

原因はさまざまですが、聴覚障害のポイントは
(ほとんどの場合)失った聴力は戻らないというところになります。

耳だけの問題ではなく、脳の神経だったり要因が複雑なことが問題になっており
現在の最先端医療でも聴覚についてはほとんど解明されていません。

聴覚障害の種類について

  • 感音性難聴(かんおんせいなんちょう)
  • 伝音性難聴(でんおんせいなんちょう)
  • 混合性難聴(こんごうせいなんちょう)

難聴には大きく分けて3つの種類があります。

感音性難聴とは

感音性難聴とは、聴覚障害の種類の中でもっとも多くの割合を占めています。
内耳に問題がある場合は、こちらの分類になります。
このタイプの難聴は、耳に問題があるだけでなく
脳の神経などに問題があったりなどして原因がほとんど分かりません。
イメージとしては、元から持つ音の大きさが小さいことに加え
「あ」の形が不安定なことが多く、補聴器を装着した場合でも
音として聞き取れても言葉として認識をすることが困難になります。

参考 「あ」の形についてOh!みみなび

伝音性難聴

伝音性難聴とは、感音性難聴に次ぐ割合を占めています。
外耳から中耳にかけて問題がある場合は、こちらの分類になります。
このタイプの難聴は、耳の形や器官に問題があることで起こります。
イメージとしては水の中や耳を塞いだときのような聴こえ方になります。
「あ」の形は、安定しているため補聴器で聞く音の大きさを上げることで
日常生活には問題ない聴こえを確立できる可能性が大きいものになります。
(原因にもよりますが、補聴器で必ずしも解決出来るわけではなく
耳の奇形の場合は補聴器の装着が難しい場合もあります)
また、こちらの難聴は手術や投薬によって治すことが出来る場合があります。

混合性難聴

混合性難聴は、3つの中では一番珍しい難聴になります。
感音性難聴と伝音性難聴の両方の症状がある難聴です。
混合性難聴には様々なものがありますが、
代表例としてはいわゆる老人性難聴といわれるものが挙げられます。
ちなみに老人性難聴という難聴の種類は医学的には存在しません。
こちらは、外耳および中耳と、内耳どちらにも原因があるタイプになります。
感音性難聴の症状が強いか、伝音性難聴の症状が強いかは人それぞれになります。

聴覚障害の種類は上にあげた3つのものがあります。
一番、多い割合を占める感音性難聴は治療法も確立しておらず
原因がほとんど不明な難聴になります。

補聴器も、日々技術の発達により性能のよいものがたくさんありますが
人間の神経や、元からある能力以上に性能がいいものは(まだ)ありません。

人間の耳は、聞きたい音や聞きたくない音を
無意識のうちに聞き分けているといわれています。

いつか、医療の発達により難聴が消える日がくるのでしょうか。
また、人間の神経と同レベルの補聴器がうまれるのでしょうか。

これからの人間の可能性に期待です。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です