耳鳴りの原因と難聴との関係について|耳が「キーン」とする人

きこえが悪くなると耳なりがするというのは本当?

最近耳鳴りがするよ
耳鳴りが気になると日常生活も過ごしにくいよね…

 

耳鳴りに悩む人はとても多く、一般的に10%〜15%の人が耳鳴りの症状を感じています。
また65歳以上の方の45%が耳鳴りを感じています。
そして耳に関連する病気の75%以上が、症状として耳鳴りを含んでいます。

耳鳴りは大きく2つに分けて「自覚的耳鳴」と「他覚的耳鳴」の2種類があります。

 

  • 自覚的耳鳴(典型的には常に続く音で、ある程度の難聴を伴う)
  • 他覚的耳鳴(典型的には脈拍に伴うか、断続的)

 

多くの方はきこえが悪くなるに伴い(難聴になるにつれて)、自覚的耳鳴を知覚します。

聴力が落ちることで、脳はその音を補おうと努力します。その結果、脳の一部分が異常に活動してしまい、聞こえていない音を作り出してしまうのです。

これは、本人がきこえの悪さを自覚していない場合においても、
多くの場合聴力の低下に伴い、耳鳴りを知覚することが知られています。

他覚的耳鳴というのは、実際に耳の中耳付近で起きる生理学的現象により、
鼓動や血流などの発生した音が聞こえてしまうことです。

聞こえ方によって耳鳴りの音は異なる

難聴といってもその人の聞こえ方によって、異なる耳鳴りが生じることがわかっています。

加齢に伴う難聴や騒音による難聴の場合、一般的には高音から聞こえにくくなります。
その場合は「キーン」という高音の耳鳴りが多いと考えられます。

 

この理由は、蝸牛の音を感知するセンサーの役割をしている有毛細胞が破壊されるためです。有毛細胞は入口側が高音を感知しており、加齢や騒音に伴い、入口側から壊れてしまいます。

その他にも、耳鳴りの音には様々な種類があることが知られています。

参考 耳鳴の音色的表現についての臨床的検討J-STAGE AUDIOLOGY JAPAN

耳鳴りの原因は?

自覚的耳鳴の主な原因は以下のとおりとされています。

  • 加齢による難聴
  • 気圧変化による耳の損傷
  • 騒音による耳の損傷(キーンという音がすることが多い)
  • 中耳炎や内耳炎等の炎症
  • メニエール病

 

脈拍に伴い、耳鳴りがする場合(他覚的耳鳴)の主な原因は以下のとおりです。

  • 硬膜の動脈と静脈の奇形
  • 口蓋または中耳の筋肉のけいれん
  • 頸動脈や内頸静脈の血流の乱れ
  • 血管に富む中耳腫瘍(グロムス腫瘍など)

 

耳鳴りの原因は多くの場合、不明であることがあります。
特に自覚的耳鳴の場合、特定の音が聞こえにくくなっていることに伴うと考えられます。

耳鳴りの治療法と改善策

一般的には、耳鳴りは難聴を伴うため、補聴器等を使用することで症状を緩和することができます。補聴器の適切な使用により50%の患者さんが改善するとされています。

同様の理由でかつ重度難聴の場合、人工内耳を埋め込むことで耳鳴りが緩和されることがあります。

静かな状況では余計に耳鳴りを感じやすくするため、ノイズや環境音を意図的に聞くことも一つです。また、カフェインの摂取を控えることも一つの改善策とされています。

 

耳鳴りは脳の働きが原因であることが多いため、完璧な治療法はありません。

しかしながら、日常的に音を伴うためことからストレスを感じさせます。そして、ストレスは耳鳴を悪化させるため、より一層苦痛が増す悪循環に陥ることも多いとされます。

治療の際には、耳鳴りにより深刻な不安を感じていないか、また抑うつ・不眠症状でないかを把握し、耳鳴りを軽減するためのいくつかの方法を提案してくれる先生の診察を受けることが望ましいです。

 

Oh!みみなびでは同じような「きこえ」の悩みを抱える人が、きこえに関する情報発信や様々な相談に乗るサービスを提供しています。

ぜひ、今後ともOh!みみなびのサービスをよろしくお願いいたします。

参考資料

参考 耳鳴りMSDマニュアル家庭版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です