【Oh!みみなびTV】目指せ手話検定!手話初心者が指文字を勉強する(指文字編)

初心者が手話検定3級を目指しながらともに手話を勉強する動画

2019年からOh!みみなびによる「Oh!みみなびTV」が始まります。

第1弾として手話初心者がみみなびのメンバーと手話でコミュニケーションができるようになるべく、「目指せ手話検定 ぷよし田と手話を学ぼう」シリーズを開始しました。

早速、第1回指文字編を公開していますのでぜひチェックしてみてください!

NHKの「みんなの手話」や手話検定の内容に対応していきます!(予定)

この「目指せ手話検定 ぷよし田と手話を学ぼう」シリーズは、
手話検定5級を目指し、最終的に手話検定3級までを目指した内容で進めていきます。

最終的には身近なろう者・難聴者と手話を用いてコミュニケーションがとれることが大切ですが、
一人で練習するのは難しく、身近に手話を使う人がいることはあまり多くないと思います。
そこで、簡単な手話を一緒に学ぶ仮想の相手として、楽しんでみて頂ける内容にします。

日本語も文法通り話すことがないのと同様に手話も簡略化されることが多いです。
そこで、私たちみみなびメンバーが日常的に使っている表現も積極的にご紹介します。

まずは、楽しく興味を持ってくれる人が少しでも増えることを望んで、
面白い動画にしていきたいと考えていますので応援の程よろしくお願いします。

チャンネル登録はこちらから!

手話の練習がたくさんできるような内容にしていきます!

手話学習において一番のネックは「使う機会がなく、練習が難しい」ということでした。

最近は動画がたくさんありますので正しい動作を確認することができても、
逆に手話を読み取るなど学習が難しいために、定着が進まないという問題がありました。

そこでこの番組ではできる限り継続して手話力を鍛える内容にしていきたいと考えています。

最後に、改めてOh!みみなびの活動のきっかけを考える

Oh!みみなびの活動を始めた際、我々「聴覚障害者」という存在について、
よりたくさんの方に知ってほしいという思いから始まりました。

耳が聞こえにくいことによって人間として社会と関わることが難しいということなど、
多くの方は考えたことがないのではないでしょうか。

一方で聴覚障害者自身も、生まれながらに様々な周囲の支援や援助を受け取るばかりであると、
自分がどういったときに困るのかを的確に伝えることができなかったり、
自分は何ができるのかを考えることができていないこともあります。

コミュニケーションがうまく取れないということは、人間同士が良く生きるための議論に参加できないことであり、人間としての自尊心や存在価値を失うことに繋がります。

学校や職場だけでなく親や友人というとても身近な社会においても、
聴覚障害によって意思がうまく通じないときのもどかしさはとても「孤独」なものです。

こうした聴覚障害者は全国に30万人程度しかいません。
そしてその障害の程度や価値観は様々でありながら社会において健聴者との
コミュニケーションに困難があるという点においては共通しています

Oh!みみなびは必要であればテクノロジーを使って、自分たちがより良く生きるために、
自分たち自身でできることをやりながら、社会に発信していくことを通して、
最終的にすべての人にとって生きやすい社会を目指しています。

2 COMMENTS

スィーティ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です