【デジタル毎日】男子円盤投げ、先天性難聴の湯上6位

先天性の難聴で両耳がほとんど聞こえず、観客の歓声が耳に入ってこないが「なんてことはない」。ハンディキャップを意に介さず、小さな目標を積み上げながら、初めてアジアのスポーツの祭典の舞台に立った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です