【グノシー】西武に熱男~!山田遥楓プロ1号、難聴ハンディ何の

西武の4年目、山田遥楓(はるか)内野手(21)が本拠地での日本ハム戦に「8番三塁」でプロ初スタメン。4-1の4回2死二塁で、左中間席へプロ初安打となる2ランを放り込んだ。生まれつき右耳が難聴というハンディを感じさせない、底抜けの明るさと元気が魅力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です