【YOMIURI ONLINE】手話で狂言「甲子園」へ…杏和高

県立杏和高校(稲沢市)のJRC(青少年赤十字)部が、10月7日に鳥取県で開かれる「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」に4年連続で出場することになり、仕上げの練習に励んでいる。昨年は惜しくも準優勝。初優勝を目指し今回選んだ題材は、大会で前例のない手話狂言で、リーダーの3年飯田真世さん(18)は「独特のセリフや所作と手話を合わせるのは難しいが、チャレンジは楽しい」と意欲を見せている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です