【日本経済新聞】障がい者の雇用拡大へ新会社 四国電が19年に

四国電力は27日、障がい者の雇用拡大に向けて新会社を2019年1月に設立すると発表した。高松市の総合研修所内に設置し、宿泊施設の清掃などを担当する。障がい者の自立と社会参加を支援するとともに、障がい者雇用率を高める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です