【AERA dot. 】誤解からバカにされ、失望され… 障がい者雇用の厳しい現実

中央省庁などで障がい者の雇用数が水増しされていた問題。チェック体制の甘さなど様々な問題が指摘されているが、そもそも障がい者が社会に出て働くことについての理解は進んでいるのだろうか。『ろう者の祈り』の著者・中島隆さんが、ろう者の人々が耳の聞こえないことで直面する現実がいかに厳しいかを、手話通訳士で日本語教師でもある鈴木隆子さんに聞いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です