【BIGLOBEニュース】強制不妊手術 手話で怒り訴え

「聞こえる人間も、聞こえない人間も対等です」−−。旧優生保護法(1948〜96年)に関する一連の国家賠償請求訴訟で初めて、聴覚障害者が「声」を上げた。神戸地裁に提訴した2組の夫婦は記者会見で、半世紀以上にわたり胸に秘めてきた怒りや悲しみを、手話を通じて訴えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です