【SankeiBiz】ミャンマーで障害者の就業を日本が支援 IT分野の教育施設を新設

経済発展が進むミャンマーで、社会進出が遅れていた身体障害者の就労支援に日本の民間団体などが取り組んでいる。携帯電話の普及で技術者のニーズが高まるITや、主要な輸出産業の縫製といった分野で職業訓練を実施し、障害者の「社会に取り残されたくない」との思いに応える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です