【Yahoo!ニュース】描いた 全編手話で映画化

ろう者のLGBTQなど性的少数者の姿を描きたい――。映画監督の今井ミカさん(29)が全編手話の映画「虹色の朝が来るまで」を制作した。自身や周りの体験を参考にした作品で、今井さんは「立場を超えていろんな人が協力してくれた。性について悩んでいる人が、この映画で一歩を踏み出すきっかけになれば」と話している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です