【神戸新聞NEXT】聾学校陸上Vの恒岡選手 地元開催での快挙に笑顔

兵庫県姫路市中地のウインク陸上競技場で13、14日に開かれた「第55回全国聾学校陸上競技大会」の男子1部やり投げで、県立姫路聴覚特別支援学校高等部3年恒岡輝選手(18)=加東市=が2年ぶりの全国制覇を果たした。「(学校のある)地元開催で優勝できてうれしい」と喜んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です