【withnews】ろう者のLGBTQを描く 映画「虹色の朝が来るまで」ができるまで

ろう者の女性カップルを主人公した映画「虹色の朝が来るまで」が、今年6月にできました。制作にはLGBTQもそれ以外の人も、ろう者も聴者も、立場を越えて色んな人が協力してくれたといいます。手話通訳を交えてインタビューを行い、監督の今井ミカさん(29)に制作の裏側を聞きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です