【タウンニュース】障害者と同じ目線でまち探検 社協が北小で福祉体験プログラム

10月3・5・10・11日の4日間、市立北小学校で「福祉体験プログラム 出会い・発見・まち探検」が行われた。北小学校は今年度の秦野市社会福祉協議会の福祉教育指定校。1年を通じて福祉体験に取り組んでいる。
この日は、視覚や聴覚、身体に障害のある人と4年生の児童が小グループに分かれて学校周辺を散策した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です