【佐賀新聞LiVE】知事「県職員は、最低三つの手話取得を」

佐佐賀県庁の知事部局は、手話を言語として位置付けて共生社会の実現を目指す県条例の制定を受け、10月から手話の習得に取り組んでいる。2日に開会した県議会の冒頭、山口祥義知事も手話であいさつした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です