【長崎新聞】「関心持つ人との縁 大切」 デフサッカー女子日本代表監督 久住呂さん(波佐見出身)エール

聴覚障害者の暮らしを支える活動に取り組む諫早手話サークル(鶴川恵会長、78人)の創立40周年記念大会が10月28日、諫早市内であった。長崎県出身でデフサッカー(聴覚障害者のサッカー)女子日本代表監督の久住呂幸一さん(44)が記念講演し、4月に施行された市手話言語条例に触れ「上手下手ではなく、手話に関心を持つ人との縁を増やすことが大切」とエールを送った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です