【沖縄タイムス+】体の不自由な乗客支援「サービス介助士」 JTA全乗務員で資格取得目指す

日本トランスオーシャン航空(JTA、丸川潔社長)は2020年の東京五輪に向けて、体の不自由な乗客の搭乗などをサポートする「サービス介助士」の資格を全乗務員が取得することを目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です