【毎日新聞】子どもの気持ち 手話で学ぶ「明晴学園」/4 止まらぬ「拍手」

11月17日、明晴学園(東京都品川区)の開校10周年を記念した「千神(せんかみ)祭」本番の日がやってきた。1カ月間、小学5、6年生が披露する狂言の練習を見守ってきた私(記者)は「セリフを忘れないかな」「舞台で転ばないだろうか」と心配で仕方がなかった。

みゅー

手話狂言初めてみた!ライオン・キングの演劇も素敵だね。耳が聞こえなくても他の方法で友達や先生から学んで、自分の気持ちや意見を素直に伝えることって大切ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です