【朝日新聞】(終わりと始まり)賑やかな手話 文学こそが壁崩す営み 池澤夏樹

11月下旬を中心に「ヨーロッパ文芸フェスティバル/国際文芸フェスティバル TOKYO」が開催された。ヨーロッパから作家や出版人を多く招いて、なかなかの盛況 …

みゅー

池澤夏樹氏によるコラムだね。手話を通して人と人のつながり、対話と共感、そして相互理解について深く考えるようになったなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です