【News24】「旧優生保護法」の裁判 国側は争う姿勢

旧優生保護法』による不妊手術を受けさせられたとして聴覚障害者らが国に慰謝料などを求めた裁判が始まり国側は、争う姿勢を示した。この裁判は旧優生保護 …

みゅー

民法724条によると国家損害賠償の時効は不法行為の時より20年と定められているね。裁判ではこの「不法行為の時」がいつであるかを争うケースが良く見られるよ。

この場合、手術を受けた日時を起点とするのか、損害の発生を現実として知った時を起点とするのか、果たしてそれはいつなのかを争うことになりそうだ。人権の侵害であることは明らかである以上、どのような判決がくだされるのか注目だね。

そして、国家損害賠償訴訟の前例としては「らい予防法違憲国家賠償訴訟」で原告の全面勝訴となった判決が記憶に新しいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です